メインイメージ画像

掛け持ちではこんなことが可能です

大変だというイメージがある掛け持ちでのアルバイトですが、実はいい部分がいろいろあります。たとえば、掛け持ちするのが学生の場合、日によって違ったアルバイトをすることができるでしょう。金曜日は学校近くのケーキ屋さん。月曜日はウェイトレス、云々。

単発のアルバイトやめったにシフトのない仕事の場合少し割高に出してくれることも時にはあるので、自分でしっかり複数のアルバイトの調整を管理できるのであればアルバイト情報サイトの「単発の仕事」のコーナーや単発の仕事、などから、見つけ出すといいでしょう。なんとなく違うものとして扱われているパートとバイトには法律的に明確な区別はないそうです。どっちもパートタイム労働者なっているわけです。一般的にはアルバイトは学生、パートは主婦という風な年代での区別と言った認識や、バイトは割合的に短い時間・短い期間の条件で雇われており、パートは決まったシフトや長期的に雇われる方だと理解されている場合が殆どのように思います。

ですが、本来は年齢によって制限されることはない、と言うことです。面接の時、必ずと言っていいほど質問される内容のひとつが、志望動機です。どういった理由で、そのバイトで働きたいと思ったのか簡潔でわかりやすい内容で面接の担当者に伝えることが大事です。

仕事内容に興味があるのか、収入やシフトが希望するものと一致していたのか、その他にも色々な理由が挙げられるのではないでしょうか。当然、志望動機がひとつでないといけないことはありませんし、素直に答えることが大事だと言えますが、職種に興味のある理由は、伝えておくべきです。慣れている仕事なので、○○することが好きなので、など色々な理由があると思いますが、雇う側としては、きちんと働いてくれるかを知りたいと思っているので、仕事内容への想いは考えておく必要があると言えます。

更新情報